Noman Flight Research Group 無人航空機(ドローン)の研究会です

広 告

世界の時間とタイムゾーン・JST、UTCとズールータイム【教則学習・周辺知識】

2023年1月31日  2023年4月19日 

教則学習・周辺知識

協定世界時(UTC)、日本標準時(JST)、グリニッジ標準時(GMT)、国際原子時(TAI)、世界時(UT)

時間を表現するための基準が複数あります。これは、世界各国で、それぞれに昔から使用されていた、それぞれ文化にも深くかかわる時間の基準があり、これらを一度に切り替えることが難しかったためで、そのため、しばしば混乱が生じる場合がありました。人、物、そして、情報が世界を行きかう事により、徐々に世界中で統一した基準を用いるような流れになりました。また、科学技術の発展によって精度を増した基準の観測・利用方法が進みましたが、やはり全ての時刻を統一することは困難なため、複数の基準が存在しています。
観測データなど扱う場合必ず「何時(いつ)、when」測定した物なのかという情報は測定値とセットで扱われる大切な要素です。この要素が抜けたり、正しくなければ、データの価値がなくなってしまう場合もあります。
気象観測や、航空機の運航、コンピュータの時間など、昔より世界が狭くなってしまった現代、正確な時刻は当然、必要ですが、その時刻が、どの基準で示されているものなのかを意識しなければならいことも増えてきています。

世界時が採用される前の「すべての国」の相対的な時間を示す1853年の「ユニバーサルダイヤルプレート」
 Public domain, via Wikimedia Commons
世界時が採用される前の「すべての国」の相対的な時間を示す1853年の「ユニバーサルダイヤルプレート」

グリニッジ標準時(GMT)Greenwich Mean Time

グリニッジ標準時(GMT)は、ロンドンのグリニッジにある王立天文台の平均太陽時で、真夜中から数えたものです。(真夜中が午前0時という事)過去には正午から計算されるなど、様々な方法で計算されていたようです。そのため、文脈がわからない限り、特定の時刻を指定するために使用することはできません。(時代によって時間が異なることがあります。)GMTという用語は、タイムゾーンUTC+00:00の名称の1つとしても使われ、イギリスの法律では、イギリスにおける市民時間(ローカルタイム)の基準となっています。
英語圏の人々はしばしば、GMTを協定世界時(UTC)の同義語として用いますが、現代の用法ではこれは誤りで、GMTは一地域の時間帯であり、基準の時間ではありません。 航海ではUT1(経度0°における平均太陽時の現代形)と同等と見なされています。これは、UTCから最大0.9秒異なることがあることを意味しています。したがってGMTという言葉は正確さが求められる目的では使用すべきではありません。
地球の楕円軌道における角速度のばらつきと軸の傾きのため、GMTの正午(12時00分00秒)が、「太陽がグリニッジ子午線を通過してその上空で最高点に達する正確な瞬間」であることは稀で、この現象はGMT正午の前後16分間に起こる可能性があり、グリニッジ標準時の正午は、このイベントの年間平均(つまり「平均」)であり、これが「グリニッジ標準時」の「平均」という言葉の由来になっています。
元々は、天文学者がGMTの日が正午から始まると考えて使用していましたが、一般のほとんどの人は真夜中から始まると考えて使用していました。混乱を避けるために、午前0時から数えたGMTを表すために世界時という名称が導入されました。今日、世界時とは通常UTCまたはUT1を指します。
「GMT」という用語は、BBCワールドサービス、英国海軍、気象庁などのイギリスの機関や、中東放送センターなど特にアラブ諸国において特に使用されているそうです。

協定世界時(UTC)Coordinated Universal Time

協定世界時(UTC)は、世界中で時計や時刻を調節するための主要な時間基準です。UT1のように経度0度における平均太陽時とは約1秒の誤差があります。事実上、グリニッジ標準時(GMT)の後継となるものです。
世界中の時刻と周波数伝送の調整(標準電波の送信)は1960年1月1日に始まりました。
この標準電波は現在では電波時計の時刻修正などで、一般でも利用されている物です。
UTCは1963年に国際無線通信諮問委員会(CCIR)がCCIR勧告374「標準周波数と時間信号の発射」として初めて公式に採用されました。「UTC」と呼ばれる公式略称と協定世界時という公式の英語名やフランス語の相当語は1967年まで採用されませんでした。1970年に新しいUTCが採用され、1972年に実施されるまで、時刻調整用無線信号でUTCと「段階的原子時(SAT)」の両方を放送していた時期もあり、何度も調整されていました。この変更では、将来の調整を簡略化するためにうるう秒が採用されました。

このCCIR勧告460は
  • (a)搬送波周波数と時間間隔を一定に保ち、SI秒の定義に対応させること、
  • (b)ステップ調整が必要な場合、協定世界時(UT)との近似的一致を保つために
           正確に1秒にすべき
  • (c)標準信号にはUTCとUTの差に関する情報を含めるべき、

と述べていました。

UTCをうるう秒を排除した新方式に置き換える提案は数多くなされていますが、完全に削除するかどうかの決定は、2023年まで延期されています。現在のUTCは、国際電気通信連合勧告(ITU-R TF.460-6 ), Standard-frequency and time-signal emissions,  で定義されており、国際原子時 (TAI) をベースに、TAIと地球の自転によって計測される時間との累積差を補正するために不定期にうるう秒が追加されるように定められています。 うるう秒は、UTCを世界時 (UT1 variant) と同じ 0.9 秒以内に保つために必要であれば挿入されるものです。
UTCは、時間を日、時間、分、秒に分割し、日はグレゴリオ暦で特定されるが、ユリウス暦の日数も使用可能であり、各日は24時間で、各時間は60分で、1分の秒数は通常60であるが、うるう秒がある場合は61または59になることもあります。このように、UTC時間スケールでは、秒およびすべての小さな時間単位(ミリ秒、マイクロ秒など)は一定の継続時間であるが、分およびすべての大きな時間単位(時間、日、週など)は可変の継続時間ということになります。うるう秒の導入の決定は、国際地球回転参照系サービスによって作成される「Bulletin C」で少なくとも6ヶ月前に発表されます。 地球の回転速度が予測できないため、うるう秒をかなり前に予測することは現在ではできていません。
ほぼすべてのUTCの日は正確に86,400 SI秒を含み、各分は正確に60秒です。UTCは経度0°の平均太陽時と約1秒の誤差があり、平均太陽日は86,400SI秒よりわずかに長いため、UTCの日の最後の1分は61秒になるよう調整されることがあります。この余分な1秒をうるう秒と呼びます。これは、前回のうるう秒以降の平均太陽日の長さ(それぞれ約2ミリ秒)の総和を占めています。
1972年以降、UTCは国際原子時(TAI)から累積したうるう秒を差し引いて計算されています。TAIは、地球の回転表面(ジオイド)上の想定適正時間を追跡する座標時間尺度に用いられている基準という事になります。UT1との近似性を保つため、UTCはTAIの一次関数から計算されますが、不連続なものになる場合があります。これらの不連続性は、国際地球回転参照システムサービス(IERS)として、UTCと協定世界時(DUT1 = UT1 - UTC)の差を追跡して公表し、DUT1を(-0.9秒、+0.9秒)の間隔に維持するために、必要に応じてうるう秒と呼ばれる1秒を挿入または除去することによって UT1 との差 (DUT1) が0.9秒以内に保たれるように調整されています。現在までのところ、うるう秒の値は常に正(挿入)で、負(除去)への調整が行われたことは、一度もありません。ちなみに、負の調整を行わなければならないという事があれば、それは、地球が通常よりも早く自転したことを意味します。
1秒未満の精度が必要でなければ、UTC を UT1 の近似として使うことができる。UT1 と UTC の差は、

国際地球回転・基準系事業 (IERS) のWebサイト

うるう秒および UT1-UTC 情報米国国立標準技術研究所(NIST) のWebサイト

で確認することができます。

TAIと同様、UTCは事後的に最も高い精度で知ることができるに過ぎません。リアルタイムで近似値を必要とする場合は、GPSや無線時間信号などの技術を使用して、近似値を広める時間研究所から取得する必要があります。このような近似値はUTC(k)と呼ばれ、kは時間研究所を表す略語の事です。事象の時刻はこれらの近似値の1つに対して暫定的に記録することができ、後に国際度量衡局(BIPM)が、参加研究所がリアルタイムで推定した標準TAI/UTCとTAI(k)/UTC(k)間の差表として毎月発表している表を使用して補正することで、得る事ができます。
時間拡張のため、ジオイド(平均海面を仮想的に陸地へ延長した面)上にない(ざっくり地球の地面や海面上にない)標準時計や高速運動中の時計は、UTCとの同期を維持することができません。そのため、ジオイドとの関係がわかっている時計からのテレメトリを利用して、宇宙船などの位置で必要なときにUTCを提供(計算)することになります。
2つのUTCタイムスタンプ間の正確な時間間隔は、その間に何回うるう秒が発生したかを示すテーブルを参照しなければ計算することができません。その延長として、未来で終了し、未知の数のうるう秒を含む可能性のある時間間隔(例えば、「今」と 2099-12-31 23:59:59 の間の TAI 秒数)の正確な持続時間を計算することは不可能です。したがって、長い(数年)間隔の正確な測定を必要とする多くの科学的アプリケーションでは、代わりにTAIを使用しています。TAIは、うるう秒を扱えないシステムでも一般的に使用されています。GPSの時刻は、常にTAIより正確に19秒遅れています(UTCで導入されている、うるう秒の影響を受けません)。

1928年、国際天文学連合によって、1日の始まりを午前0時とするGMTを指す世界時(UT)という用語が導入されました。1950年代まで、放送の時報はUTに基づいて行われていました。したがって地球の自転に基づいていたという事ができます。
1955年、セシウム原子時計が発明され、天文観測よりも安定で便利な計時が可能になりました。1956年、アメリカ国立標準研究所とアメリカ海軍天文台は、原子周波数の時間スケールの開発に着手し、1959年には、この時間スケールを使って、標準周波数時報局「WWV」の名前の付いた時報を送信する無線局が作られました。1960年、アメリカ海軍天文台、王立グリニッジ天文台、イギリス国立物理研究所は、時間ステップと周波数変化が調整されるように標準周波数時報局を調整し始めました。結果として時間スケールは非公式に「協定世界時」と呼ばれるようになりました。
議論を呼んだ決定として、信号の周波数は当初、協定世界時と同じ速度に設定されたが、その後、原子時計の使用によって同じ周波数に保たれ、協定世界時から意図的に離れるようにされた。乖離が大きくなると、信号を20msずつ位相シフトして、再びUTと一致させました。このようなシフトが1960年までに29回行われました。
1958年には、新たに確立されたセシウム遷移の周波数とエフェメリス秒を関連付けるデータが発表されました。エフェメリス秒は、太陽系の惑星や月の運動を支配する運動法則の独立変数として使用され、運動法則が太陽系天体の観測位置を正確に予測することを可能にする時間のシステムの単位とされています。観測可能な精度の範囲内では、エフェメリス秒は原子秒と同じように一定の長さであり、天体の運動法則に合致する原子秒の長さの値を選択することができるようになりました。エフェメリス秒はGPS等で衛星の位置を割り出す為の基準の時間として利用されています。
1961年、国際時報局はUTCプロセスの国際的な調整を開始しました。(ただし、国際天文学連合によって協定世界時という名称が正式に採用されたのは1967年) 以降、数ヶ月ごとに時間的なジャンプがあり、毎年末に周波数の変更が行われました。

1967年に、SI秒はセシウム原子時計によって供給される周波数の観点から再定義され、定義された秒の長さは、実質的にエフェメリス時間の秒に等しいものでした。これは1958年以来TAIで暫定的に使用されていた周波数で、UTC秒とTAIで使用されているSI秒という異なる長さの2種類の秒を持つことは、望ましい事でなく、時刻信号の周波数は一定であることが望ましく、その周波数はSI秒と一致することが望ましいとされました。そのため、UTの近似性を保つためには、タイムステップだけに頼らざるを得なくなる。これは「ステップ・アトミック・タイム」(SAT)と呼ばれるサービスで実験的に試みられ、TAIと同じ速度で時を刻み、UT2との同期を保つために0.2秒のジャンプを使用していました。
また、UTC(とSAT)の頻繁なジャンプに対する不満もあったようです。1968年、セシウム原子時計の発明者であるルイ・エッセンとG・M・R・ウィンクラーが、それぞれ独自に1秒刻みであるべきと提案し、UTC秒をTAI秒と同じにするという考えとともに、最終的にこの方式が承認されました。1971年の終わりに、ちょうど0.107758 TAI秒の最後の不規則なジャンプがあり、1958年から1971年の間のUTCまたはTAIのすべての小さな時間ステップと周波数のシフトの合計がちょうど10秒になり、1972年1月1日午前0時00分のUTCはちょうど1972年1月1日午前0時00分10秒のTAIとなり、その後、整数秒となりました。同時にUTCの刻み幅もTAIと正確に一致するように変更されました。UTCはまたUT2ではなくUT1を追跡するようになりました。いくつかの時報は、現在UTCが提供しているよりもUT1に近い近似値を必要とするアプリケーションのために、DUT1補正(UT1 - UTC)も提供(放送)し始めました。

協定世界時、Coordinated Universal Time が CUT ではなく UTC という略称として使用されるのはなぜか?

1970年、協定世界時システムは、国際電気通信連合(ITU)内の技術専門家の国際諮問グループによって考案されました。ITUは、混乱を最小限に抑えるために、すべての言語で使用するために単一の略語を指定することが最善であると考えていました。たとえば、英語では協定世界時”Coordinated Universal Time”の略語は “CUT“ になり、フランス語では "temps universel coordonné" の省略形は “TUC“ になり、イタリア語は tempo coordinato universaleで “TCU”になります。特定の言語を優先しているように見えないように、省略形には “UTC“ が選択されたのだそうです。

米国国立標準技術研究所(NIST) 時間に関するよくある質問 
NIST Time Frequently Asked Questions (FAQ) | NIST

日本標準時(JST)Japan Standard Time

現在は国立研究開発法人情報通信研究機構の原子時計で生成・供給される協定世界時(UTC)を9時間(東経135度分の時差)進めた時刻(すなわちUTC+9)をもって、日本における標準時としたものです。
日本の標準時に関して初めて制定された法令は、本初子午線経度計算方及標準時ノ件(明治19年勅令第51号、1886年(明治19年)7月13日公布)だそうで、この勅令では、グリニッジ天文台子午儀の中心を通る子午線(グリニッジ子午線)を本初子午線(経度0度)とし、東西それぞれ180度で、東を正、西を負として表すことを定めたうえで、東経135度(GMT+9:00)の時刻を日本の標準時(「本邦一般ノ標準時」)と規定しました。この日本の標準時に関する部分は1888年(明治21年)1月1日から適用されました。
東経135度の子午線は日本を縦(南北)に通っていますので、複数の街を通過していますが明石市は、明治43年に日本で最初に標識を建てたことから「子午線のまち」といわれています。


国際原子時(TAI)Temps Atomique International

国際原子時計は、TAIとも呼ばれる高精度の標準時システムです。1955年に実験的に開始され、1958年1月1日から本格的に運用が開始され、一般に利用されるようになった基準系です。
TAI時刻の精度の高さは、特定の国の計測機関で管理されている基準時計で観測されたものとの差を比較することで時刻を表現しているため、過去分しか測定できません。(未来の時刻差は知ることができない為)これは国際度量衡局の監督のもとで行われています。しかし、原子時計は非常に正確であるため、このような補正が必要なのは最高精度の測定に限られ、ほとんどのサービスでは、あらかじめ基準器と比較された原子時計が使用されています。
協定世界時(UTC)は全世界の法定時刻の基準で、一定の秒数のずれをもってTAIに従こととされています。(最後にうるう秒が挿入された2022年7月時点で、TAIはUTCより37秒進んでいます)このオフセットは、国際地球回転参照系サービス(IERS)の助言に基づき、長年の平均として、太陽がグリニッジ子午線上で協定世界時12時00分の0.9秒以内にあるように調整され挿入されています。

世界時(UT)Universal Time

世界時(UTまたはUT1)は地球の自転に基づく時間基準です。本来は経度0度の平均太陽時ですが、太陽の正確な測定は困難なため、UT1は国際天体基準座標系(ICRF)に対する地球の角度の指標から計算され、地球回転角(ERA、グリニッジ標準時の現代版として機能する)と呼ばれています。UT1は地球上のどの場所でも同一のものです。

UT1は世界標準時の主要な形式ですが、世界標準時と呼ばれ、UT1と0.03秒以内に一致する、使用頻度の低い他のいくつかの時間基準も存在しています。
UT0は、星や銀河系外の電波源の日周運動を観測し、また月や人工地球衛星の測距観測から天文台で決定された世界時である。天文台の位置は、国際地球基準座標系などの地球上の基準座標系で固定されていると考えられますが、地球の回転軸の位置は地球表面をさまよっており、これを極軌道と呼びます。UT0はこの極軌道の補正を一切行っていないものです。UT0とUT1は数十ミリ秒程度の差があります。UT0という呼称は、もはや一般的には使われていません。UT1RはUT1の平滑化バージョンであり、潮汐による周期的な変動をフィルタリングしているものです。UT1Rは技術文献ではまだ使われているようですが、他の場所ではほとんど使われていません。UT2 は UT1 の平滑化バージョンで、周期的な季節変動をフィルタリングしおり、ほとんど歴史的な意味しかない時間で、実際にはほとんど使用されていません。


出典:Coordinated Universal Time - Wikipedia
   Greenwich Mean Time - Wikipedia
   Japan Standard Time - Wikipedia
   International Atomic Time - Wikipedia
   Universal Time - Wikipedia

GMT、UTC、JST、UT(UT0,UT1)の相互関係

GMT=UT1

UT1-UTC=DUT1

UTC=UT1+DUT1(±0.9秒以内に調整)

JST=UTC+9


国際的な時間の表し方  ズールータイム(Zulu Time)

タイムゾーンという考え方に基づいて時間を表記する場合がしばしばあります。船舶・航空機の業界や、軍隊などで主に使用されているものです。また、これらに密接に関わりを持っている気象情報などでも使用される場合があります。
このタイムゾーンは一日の24時間を協定世界時(UTC)を基準として+12時間、-12時間に1時間ごとにエリア分けしたもので、それぞれアルファベット順に表すことになっています。
名付けられたアルファベットは聞き間違いを防ぐためフォネティックコードで読まれています。 
→フォネティックコードについては、下記で詳しく説明しています。
フォネティックコード「アルファー・ブラボー・チャーリー」通話表【教則学習・周辺知識】


Time Zone Map 2012
CIA World Factbook Time Zone Map 2012
CIA World Factbook, Public domain, via Wikimedia Commons

軍事用タイムゾーン military time zones

複合通信電子委員会とNATOによって開発された文書でACP[Allied Communications Publications] 121(I)規格で定義されています。オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカ、その他多くの国の軍隊で使用されています。
このタイムゾーンは、グリニッジの本初子午線から東に向かうと、「Alfa」から「Mike」(「J」は「I」と見誤る可能性があるため省略)までの文字が、国際日付変更線に到達するまでUTCオフセット(差)が正の12のタイムゾーンを表します。グリニッジから西に向かうと、「November」から「Yankee」の文字が負のオフセットを持つゾーンを表しています。
この文字は、通常、軍事時間と組み合わせて使用されます。例えば、日本標準時(JST)などのUTC+9ゾーンの午前6時は「0600I」と表記され、「ゼロ シックス ハンドレッド インディア」のように読みます。最後の文字 "Z" ("Zulu") が付くと協定世界時 (UTC) を示します。
タイムゾーンのアルファベットはNATOのフォネティックコードに沿って読まれています。
この、フォネティックコードについても、軍隊だけでなく航空や船舶などの無線通信などでも利用されていますので、詳しくまとめています。フォネティックコードについて


軍事タイムゾーンのリスト(List of military time zones)

Designation letterTime zone nameOffset
AAlpha TimeZoneUTC +1
BBravo TimeZoneUTC +2
CCharlie Time ZoneUTC +3
DDelta Time ZoneUTC +4
EEcho Time ZoneUTC +5
FFoxtrot Time ZoneUTC +6
GGolf Time ZoneUTC +7
HHotel Time ZoneUTC +8
IIndia Time ZoneUTC +9
KKilo Time ZoneUTC +10
LLima Time ZoneUTC +11
MMike Time ZoneUTC +12
NNovember Time Zone UTC -1
OOscar Time ZoneUTC -2
PPapa Time ZoneUTC -3
QQuebec Time ZoneUTC -4
RRomeo Time ZoneUTC -5
SSierra Time ZoneUTC -6
TTango Time ZoneUTC -7
UUniform Time ZoneUTC -8
VVictor Time ZoneUTC -9
WWhiskey Time ZoneUTC -10
XX-ray Time ZoneUTC -11
YYankee Time ZoneUTC -12
ZZulu Time ZoneUTC +0


ズールータイム(Zulu Time) タイムゾーンズールー

タイムゾーンがズールーは、UTC +0 を示しますので、UTCそのものの日時ということになります。「Z」一文字で「UTC」を表すことができるため通信を行う場合など文字数を少なく表現できるメリットがあります。

ズールータイムの利用例

米軍合同台風警報センター(JTWC)で発表される台風進路予想などの日時の表記例


JTWCのキャプチャ

図中の緑マル31/12Zが日時を表しています。日時の後ろのZがミリタリータイムゾーンを表しており、
「31/12Z」「31日12時00分 ズールータイム」と解釈することができます。Zulu Time ZoneなのでUTCとのオフセット 0 すなわち UTCを表しています。

米軍合同台風警報センター(JTWC)の台風進路情報より


定時飛行場実況気象通報式(METAR)に利用されている日時の表記例

東京/羽田 (RJTT/HND)
RJTT 080030Z 02013KT 9999 FEW007 BKN010 25/23 Q1016 BECMG FEW005 BKN015 RMK 1ST007 7SC010 A3003

赤色の部分が日時を表しています。 080030Z→8日00時30分 ズールータイム(UTC)と解釈することができます。

ISO国際規格やJISで定められた日時の表記

ISO 8601は、日付と時刻の表記に関するISOの国際規格です。この規格の主眼は、日付と時刻の記述順序が国や文化によってまちまちであるものを、大→小の順序(ビッグエンディアン big - endian)を貫徹して、日付・時刻の記述順序をただ一種類に標準化していることにあります。また、余分な情報の付加(AM・PMなど)を避ける意味でも、時刻表現は24時制のみに限定しています。
2023年1月27日を、2023-01-27(拡張形式)もしくは20230127(基本形式)と表記します。
同日の時刻として 15時08分10.78秒 を併せて表記する場合は、2023-01-27T15:08:10.78(拡張形式)もしくは20230127T150810.78(基本形式)と表記します。すなわち T 記号で区切った後に時刻を続ける約束になっています。
上記以外に、日の番号、暦週の番号、タイムゾーン、継続時間、期間などの記述方法についても規定しています。
日本では、ISO8601に準拠して日本産業規格 JIS X0301「情報交換のためのデータ要素及び交換形式ー日付及び時刻の表記」が定められています。JISにおいては、日本独自の元号(明治~令和)による年の規定が追加されています。
日付と時刻の組合せ
<date1> T <time1> のように日付と時刻の間にTを挟んで表記します。
例:
2004-04-01T00:00:01+09:00=
2004年04月01日00時00分01秒(JST)

タイムゾーン指定子
協定世界時(UTC)
時刻の後ろに Z を添えることで協定世界時(UTC)での時刻をそのまま示すことができます。ここでもズールータイムゾーンが用いられています。UTCと加えるより2文字分データが節約できます。
例:
2004-04-01T12:00Z (20040401T1200Z)=
2004年4月1日12時00分(UTC)
UTC以外のタイムゾーン(時間帯)
UTCより先に進んでいる時間帯の場合はプラス(+)、UTCより後に遅れている時間帯の場合はマイナス(-)として、時刻の後ろに ±hh:mm, ±hhmm, ±hh のいずれかを添えることにより、表記の時刻がその時間帯(タイムゾーン)でのローカル時刻であることを示します。ここでは、軍事タイムゾーンは適用されていません。計算式で表現する方がコンピュータには理解しやすいです。
例:
2004-04-01T12:00+09:00 (20040401T1200+0900)=
2004年4月1日12時00分(JST)


タイムゾーン略語

タイムゾーンは、しばしば「EST」「WST」「CST」「JST」といったアルファベットの略語で表されます。タイムゾーンを表す唯一の記号として使用する事はには適していません。例えば、「CST」は中国標準時(UTC+8)、キューバ標準時(UTC-5)、(北米)中部標準時(UTC-6)を意味しており、広く使用されています。(同一の略語で別のタイムゾーンを表しています)このような表記は、様々なタイムゾーンで作成や利用されるデータではインターネット時代の考え方を適用していく方が混乱が少ないと考えられます。ネット以前の時代には、国の文脈の中で多くの実用的な用途(たとえば、鉄道時刻表やビジネス文書など)に十分でしたが、インターネット時代には曖昧さゆえに意図する時刻との齟齬が生じる可能性がある為、非推奨となり、暗黙の地理的文脈に意味の一部を依存してやり取りができないことが多くなっています。

タイムゾーン略語一覧

略 称名 称時間差
ACDTAustralian Central Daylight Saving Timeオーストラリア中部夏時間UTC+10:30
ACSTAustralian Central Standard Timeオーストラリア中部標準時UTC+09:30
ACTAcre Timeエーカー時間UTC−05
ACTASEAN Common Time (proposed)ASEAN協定世界時(提案)UTC+08:00
ACWSTAustralian Central Western Standard Time (unofficial)オーストラリア中央西部標準時(非公式)UTC+08:45
ADTAtlantic Daylight Time大西洋夏時間UTC−03
AEDTAustralian Eastern Daylight Saving Timeオーストラリア東部夏時間UTC+11
AESTAustralian Eastern Standard Timeオーストラリア東部標準時UTC+10
AETAustralian Eastern Timeオーストラリア東部標準時UTC+10/UTC+11
AFTAfghanistan Timeアフガニスタン時間UTC+04:30
AKDTAlaska Daylight Timeアラスカ夏時間UTC−08
AKSTAlaska Standard Timeアラスカ標準時UTC−09
ALMTAlma-Ata Timeアルマ・アタ時間UTC+06
AMSTAmazon Summer Time (Brazil)アマゾン夏時間(ブラジル)UTC−03
AMTAmazon Time (Brazil)アマゾン時間(ブラジル)UTC−04
AMTArmenia Timeアルメニア時間UTC+04
ANATAnadyr Timeアナディリ時間UTC+12
AQTTAqtobe Timeアクトベ時間UTC+05
ARTArgentina Timeアルゼンチン時間UTC−03
ASTArabia Standard Timeアラビア標準時UTC+03
ASTAtlantic Standard Time大西洋標準時UTC−04
AWSTAustralian Western Standard Timeオーストラリア西部標準時UTC+08
AZOSTAzores Summer Timeアゾレス夏時間UTC±00
AZOTAzores Standard Timeアゾレス標準時UTC−01
AZTAzerbaijan Timeアゼルバイジャン時間UTC+04
BNTBrunei Timeブルネイ時間UTC+08
BIOTBritish Indian Ocean Timeイギリス領インド洋時間UTC+06
BITBaker Island Timeベーカー島時間UTC−12
BOTBolivia Timeボリビア時間UTC−04
BRSTBrasília Summer Timeブラジリア夏時間UTC−02
BRTBrasília Timeブラジリア時間UTC−03
BSTBangladesh Standard Timeバングラデシュ標準時UTC+06
BSTBougainville Standard Timeブーゲンビル標準時UTC+11
BSTBritish Summer Time (British Standard Time from Feb 1968 to Oct 1971)イギリス夏時間(1968年2月~1971年10月はイギリス標準時)UTC+01
BTTBhutan Timeブータン時間UTC+06
CATCentral Africa Time中央アフリカの時間UTC+02
CCTCocos Islands Timeココス諸島の時間UTC+06:30
CDTCentral Daylight Time (North America)中央夏時間(北アメリカ)UTC−05
CDTCuba Daylight TimeキューバサマータイムUTC−04
CESTCentral European Summer Time中央ヨーロッパサマータイムUTC+02
CETCentral European Time中央ヨーロッパ時間UTC+01
CHADTChatham Daylight Timeチャタム夏時間UTC+13:45
CHASTChatham Standard Timeチャタム標準時UTC+12:45
CHOTChoibalsan Standard Timeチョイバルサン標準時UTC+08
CHOSTChoibalsan Summer Timeチョイバルサン夏時間UTC+09
CHSTChamorro Standard Timeチャモロ標準時UTC+10
CHUTChuuk Timeチューク時間UTC+10
CISTClipperton Island Standard Timeクリッパートン島標準時UTC−08
CKTCook Island Timeクック諸島の時間UTC−10
CLSTChile Summer Timeチリ夏時間UTC−03
CLTChile Standard Timeチリ標準時UTC−04
COSTColombia Summer Timeコロンビア夏時間UTC−04
COTColombia Timeコロンビア時間UTC−05
CSTCentral Standard Time (North America)中央標準時(北アメリカ)UTC−06
CSTChina Standard Time中国標準時UTC+08
CSTCuba Standard Timeキューバ標準時UTC−05
CTCentral Time中部標準時UTC−06/UTC−05
CVTCape Verde Timeカーボベルデ時間UTC−01
CWSTCentral Western Standard Time
 (Australia) unofficial
中央西部標準時(オーストラリア)非公式UTC+08:45
CXTChristmas Island Timeクリスマス島時間UTC+07
DAVTDavis Timeデービス時間UTC+07
DDUTDumont d'Urville Timeデュモンデュルビル時間UTC+10
DFTAIX-specific equivalent of Central-
European Time
中央ヨーロッパ時間に相当するAIX固有の時間UTC+01
EASSTEaster Island Summer Timeイースター島夏時間UTC−05
EASTEaster Island Standard Timeイースター島標準時UTC−06
EATEast Africa Time東アフリカ時間UTC+03
ECTEastern Caribbean Time 
(does not recognise DST)
東カリブ海時間(サマータイムを認識しない)UTC−04
ECTEcuador Timeエクアドル時間UTC−05
EDTEastern Daylight Time (North America)東部夏時間(北アメリカ)UTC−04
EESTEastern European Summer Time東ヨーロッパ夏時間UTC+03
EETEastern European Time東ヨーロッパ時間UTC+02
EGSTEastern Greenland Summer Time東部グリーンランド夏時間UTC±00
EGTEastern Greenland Time東部グリーンランド時間UTC−01
ESTEastern Standard Time (North America)東部標準時(北米)UTC−05
ETEastern Time (North America)東部標準時(北米)UTC−05 / UTC−04
FETFurther-eastern European Timeヨーロッパ東部時間UTC+03
FJTFiji Timeフィジー時間UTC+12
FKSTFalkland Islands Summer Timeフォークランド諸島の夏時間UTC−03
FKTFalkland Islands Timeフォークランド諸島の時間UTC−04
FNTFernando de Noronha Timeフェルナンド・デ・ノローニャの時間UTC−02
GALTGalápagos Timeガラパゴス時間UTC−06
GAMTGambier Islands Timeガンビア諸島時間UTC−09
GETGeorgia Standard Timeジョージア標準時UTC+04
GFTFrench Guiana Timeフランス領ギアナ時間UTC−03
GILTGilbert Island Timeギルバート島時間UTC+12
GITGambier Island Timeガンビア島時間UTC−09
GMTGreenwich Mean Timeグリニッジ標準時UTC±00
GSTSouth Georgia and the South Sandwich‐
Islands Time
サウスジョージア・南サンドイッチ諸島時間UTC−02
GSTGulf Standard Timeガルフ標準時UTC+04
GYTGuyana Timeガイアナ時間UTC−04
HDTHawaii–Aleutian Daylight Timeハワイ・アリューシャン夏時間UTC−09
HAECHeure Avancée d'Europe Centrale French-language name for CESTヨーロッパ中央時間(Heure Avancée d'Europe Centrale)
フランス語でのCESTの呼び方
UTC+02
HSTHawaii–Aleutian Standard Timeハワイ・アリューシャン標準時UTC−10
HKTHong Kong Time香港時間UTC+08
HMTHeard and McDonald Islands Timeハード・マクドナルド諸島時間UTC+05
HOVSTHovd Summer Time
(not used from 2017-present)
ホヴド・サマータイム(2017年~現在使用されていない)UTC+08
HOVTHovd Timeホヴド時間UTC+07
ICTIndochina Timeインドシナ時間UTC+07
IDLWInternational Day Line West time zone国際日付変更線西側時間帯UTC−12
IDTIsrael Daylight Timeイスラエル夏時間UTC+03
IOTIndian Ocean Timeインド洋時間UTC+03
IRDTIran Daylight Timeイラン夏時間UTC+04:30
IRKTIrkutsk Timeイルクーツク時間UTC+08
IRSTIran Standard Timeイラン標準時UTC+03:30
ISTIndian Standard Timeインド標準時UTC+05:30
ISTIrish Standard Timeアイルランド標準時UTC+01
ISTIsrael Standard Timeイスラエル標準時UTC+02
JSTJapan Standard Time日本標準時UTC+09
KALTKaliningrad Timeカリニングラード時間UTC+02
KGTKyrgyzstan Timeキルギスタン時間UTC+06
KOSTKosrae Timeコスラエ時間UTC+11
KRATKrasnoyarsk Timeクラスノヤルスク時間UTC+07
KSTKorea Standard Time韓国標準時UTC+09
LHSTLord Howe Standard Timeロード・ハウ標準時UTC+10:30
LHSTLord Howe Summer Timeロード・ハウの夏時間UTC+11
LINTLine Islands Timeライン諸島の時間UTC+14
MAGTMagadan Timeマガダン時間UTC+12
MARTMarquesas Islands Timeマルケサス諸島の時間UTC−09:30
MAWTMawson Station Timeモーソン南極基地時間UTC+05
MDTMountain Daylight Time (North America)山岳夏時間(北アメリカ)UTC−06
METMiddle European Time 
(same zone as CET)
中欧時間(CETと同じゾーン)UTC+01
MESTMiddle European Summer Time 
(same zone as CEST)
中欧夏時間(CESTと同じゾーン)UTC+02
MHTMarshall Islands Timeマーシャル諸島の時間UTC+12
MISTMacquarie Island Station Timeマッコーリー島駅時間UTC+11
MITMarquesas Islands Timeマルケサス諸島の時間UTC−09:30
MMTMyanmar Standard Timeミャンマー標準時UTC+06:30
MSKMoscow Timeモスクワ時間UTC+03
MSTMalaysia Standard Timeマレーシアの標準時UTC+08
MSTMountain Standard Time (North America)山岳部標準時(北アメリカ)UTC−07
MUTMauritius Timeモーリシャス時間UTC+04
MVTMaldives Timeモルディブ時間UTC+05
MYTMalaysia Timeマレーシアの時間UTC+08
NCTNew Caledonia Timeニューカレドニア時間UTC+11
NDTNewfoundland Daylight Timeニューファウンドランド夏時間UTC−02:30
NFTNorfolk Island Timeノーフォーク島時間UTC+11
NOVTNovosibirsk Timeノボシビルスクの時間UTC+07
NPTNepal Timeネパール時間UTC+05:45
NSTNewfoundland Standard Timeニューファンドランド標準時UTC−03:30
NTNewfoundland Timeニューファンドランド時間UTC−03:30
NUTNiue Timeニウエ時間UTC−11
NZDTNew Zealand Daylight TimeニュージーランドサマータイムUTC+13
NZSTNew Zealand Standard Timeニュージーランド標準時UTC+12
OMSTOmsk Timeオムスク時間UTC+06
ORATOral Timeオーラル時間UTC+05
PDTPacific Daylight Time (North America)太平洋夏時間(北アメリカ)UTC−07
PETPeru Timeペルー時間UTC−05
PETTKamchatka Timeカムチャツカ時間UTC+12
PGTPapua New Guinea Timeパプアニューギニア時間UTC+10
PHOTPhoenix Island Timeフェニックス島時間UTC+13
PHTPhilippine Timeフィリピン時間UTC+08
PHSTPhilippine Standard Timeフィリピン標準時UTC+08
PKTPakistan Standard Timeパキスタン標準時UTC+05
PMDTSaint Pierre and Miquelon Daylight Timeサンピエール島・ミクロン島サマータイムUTC−02
PMSTSaint Pierre and Miquelon Standard Timeサンピエール島とミクロン島の標準時間UTC−03
PONTPohnpei Standard Timeポンペイ標準時UTC+11
PSTPacific Standard Time (North America)太平洋標準時(北アメリカ)UTC−08
PWTPalau Timeパラオ時間UTC+09
PYSTParaguay Summer Timeパラグアイの夏時間UTC−03
PYTParaguay Timeパラグアイの時間UTC−04
RETRéunion Timeレユニオン時間UTC+04
ROTTRothera Research Station Timeロテラ研究所の時間UTC−03
SAKTSakhalin Island Timeサハリン島時間UTC+11
SAMTSamara Timeサマラ時間UTC+04
SASTSouth African Standard Time南アフリカ標準時UTC+02
SBTSolomon Islands Timeソロモン諸島の時間UTC+11
SCTSeychelles Timeセイシェル時間UTC+04
SDTSamoa Daylight Timeサモア夏時間UTC−10
SGTSingapore Timeシンガポール時間UTC+08
SLSTSri Lanka Standard Timeスリランカ標準時UTC+05:30
SRETSrednekolymsk Timeスレドネコリムスク時間UTC+11
SRTSuriname Timeスリナム時間UTC−03
SSTSamoa Standard Timeサモア標準時UTC−11
SSTSingapore Standard Timeシンガポール標準時UTC+08
SYOTShowa Station Time昭和基地時間UTC+03
TAHTTahiti Timeタヒチ時間UTC−10
THAThailand Standard Timeタイ標準時UTC+07
TFTFrench Southern and Antarctic Timeフランス南方・南極時間UTC+05
TJTTajikistan Timeタジキスタン時間UTC+05
TKTTokelau Timeトケラウ時間UTC+13
TLTTimor Leste Time東ティモール時間UTC+09
TMTTurkmenistan Timeトルクメニスタン時間UTC+05
TRTTurkey Timeトルコ時間UTC+03
TOTTonga Timeトンガ時間UTC+13
TVTTuvalu Timeツバルの時間UTC+12
ULASTUlaanbaatar Summer Timeウランバートル夏時間UTC+09
ULATUlaanbaatar Standard Timeウランバートル標準時UTC+08
UTCCoordinated Universal Time協定世界時UTC±00
UYSTUruguay Summer Timeウルグアイの夏時間UTC−02
UYTUruguay Standard Timeウルグアイ標準時UTC−03
UZTUzbekistan Timeウズベキスタン時間UTC+05
VETVenezuelan Standard Timeベネズエラ標準時UTC−04
VLATVladivostok Timeウラジオストク時間UTC+10
VOLTVolgograd Timeボルゴグラード時間UTC+03
VOSTVostok Station Timeボストーク駅時間UTC+06
VUTVanuatu Timeバヌアツ時間UTC+11
WAKTWake Island Timeウェーク島時間UTC+12
WASTWest Africa Summer Time西アフリカの夏時間UTC+02
WATWest Africa Time西アフリカの時間UTC+01
WESTWestern European Summer Time西ヨーロッパの夏時間UTC+01
WETWestern European Time西ヨーロッパ時間UTC±00
WIBWestern Indonesian Time西インドネシアの時間UTC+07
WITEastern Indonesian Time東部インドネシアの時間UTC+09
WITACentral Indonesia Time中央インドネシアの時間UTC+08
WGSTWest Greenland Summer Time西グリーンランド夏時間UTC−02
WGTWest Greenland Time西グリーンランド時間UTC−03
WSTWestern Standard Time西部標準時UTC+08
YAKTYakutsk Timeヤクーツク時間UTC+09
YEKTYekaterinburg Timeエカテリンブルク時間UTC+05


世界標準時、タイムゾーンの歴史

カナダ人のエンジニア、発明家のサンドフォード・フレミング[Sandford Fleming]が、Jを除くA から Yの文字を1時間毎の時間帯に割り当てるシステムを考案し、それがきっかけとなったのではないかと言われています。この規格は1950年にNATOによって軍事タイムゾーンとして初めてノートとして配布されたそうです。

サンドフォード・フレミング (Sandford Fleming)(1827年1月7日 - 1915年7月22日)は
世界標準時やタイムゾーンの考え方の発明者と言われています。カナダ初の切手のデザイン、測量や地図製作の分野で多くの業績を残し、インターコロニアル鉄道の大部分とカナダ太平洋鉄道の最初の数百キロメートルを設計した人物としても知られているそうです。

フレミングは、1876年にアイルランドを旅行中に、印刷された時刻表が午前ではなく午後を表示していたために列車に乗り遅れた経験を機に、地球の中心に位置し、表面の子午線とは関係ない、全世界を対象とした単一の24時間時計を概念的に提案しました。彼は後にこの時間を「コスモポリタンタイム(Cosmopolitan time)」、さらに後に「コズミックタイム(Cosmic Time)」と呼びました。1876年に彼は回顧録「地上時間(Terrestrial Time)」の中で、それぞれが1時間幅または経度15度の24のタイムゾーンを提案しました。各ゾーン内の時計はすべて他のゾーンと同じ時刻に設定され、ゾーン間ではアルファベットのラベルを共通の表記として使用することができました。例えば、国際時G:45は、あるゾーンではローカルタイム14:45、次のゾーンでは15:45に対応することになるようにです。時間の数字をアルファベットに置き換えることで数字で表される時間の取違いを防ごうとしました。
1879年2月8日にトロントのカナダ研究所の会合で発表された2つの論文「Time reckoning」と「Longitude and Time Reckoning」で、フレミングはグリニッジの反子午線(180番目の子午線)とリンクするように彼のシステムを改訂しました。 フレミングの2つの論文は非常に重要とみなされ、1879年6月にイギリス政府はコピーを18の外国とイギリスの様々な科学団体に転送していたそうです。
フレミングは、1881年のベニスでの地理学会議、1883年のローマでの測地学会の会合や、1884年の国際子午線会議を含むいくつかの主要な国際会議で彼のシステムを提唱しました。国際子午線会議は、グリニッジ子午線とグリニッジ午前零時から24時間のユニバーサルデイが受け入れられました。しかし、会議の決議では、普遍的な日が「望ましい場合にはローカルタイムまたは標準時の使用を妨げないものとする」と明記しました。また、会議は彼のタイムゾーンを受け入れることを拒否し、これは会議の権限外のローカルな問題であるとしました。
1886年、フレミングはスミソニアン研究所から出版されたパンフレット「20世紀の時遡及法(Time-Reckoning for the 20th Century,)」を執筆しました。
この著書は現在、
デジタルアーカイブで閲覧することができますので、参考にリンクします。

フレミング著「20世紀の時遡及法(Time-Reckoning for the 20th Century,)」のデジタルアーカイブ
Time-reckoning for the twentieth century : Fleming, Sandford, 1827-1915 : Free Download, Borrow, and Streaming : Internet Archive

フレミング著「20世紀の時遡及法(Time-Reckoning for the 20th Century,)」
フレミング著「20世紀の時遡及法(Time-Reckoning for the 20th Century,)」
の中の、一週間の各日の長さの図

この図は、一週間の各日の長さを表しています。ある日、例えば土曜日に地球全体を見渡すと、その日は金曜日の真ん中から始まり、日曜日の真ん中まで終わりません。一方、金曜日は木曜日の半ばに始まり、土曜日の半ばまで続き、日曜日は金曜日が終わった瞬間に始まる。つまり、ある場所で土曜日に属する絶対時間の同じ瞬間は、東西の他の場所でも同様に金曜日と日曜日に属するということです。多くの人は、地球上には同時に日曜日が存在し、すべての子午線上のキリスト教徒が主の日を一度に守っているという先入観を持っています。しかし、事実は、これが間違いであることを立証しています。最初の始まりから最後の終わりまで、日曜日は48時間以上に及びます。実際、アラスカとフィリピン諸島に関して述べた驚くべき状況を考慮に入れると、日曜日は約55時間にわたって続くことが判明しています。同じことが一週間のどの日にも言えます。その結果、地球全体を視野に入れると、土曜日と月曜日は日曜日を挟んで約7時間重なり合うことになり、実際、3つの連続した日の一部が共存しているのです。
「20世紀の時遡及法(Time-Reckoning for the 20th Century,)」より

この様に時差の概念を解説していました。今でこそ当たり前のことですが出版当初の1886年にはまだこの考え方が一般に浸透していなかったという事でしょう。

1929年までには、世界のすべての主要国がタイムゾーンを導入していました。現在では、UTCオフセットが世界をゾーンに分割し、軍事時間帯はフレミングのシステムと同様に24時間帯にアルファベット文字を割り当てて利用されています。

ー記事をシェアするー
B!
タグ

広 告

広 告

人気の投稿

人口集中地区(DID)の新しいデータの確認方法(令和4(2022)年6月25日~)

人口集中地区 DID(Densely Inhabited District) ドローンを飛行させる場合の許可が必要な飛行なのかどうかを判断する為の重要な基準になっている統計データの人口集中地区(DID)データが、 2022年6月25日から これまで利用していた平成27年版から、新しい 令和2年版 に、変更になりました。 これまで人口集中地区でなかった場所でも新たに人口集中地区とされている場合やその逆など、変更されている場合があるので注意が必要です。 日本の国勢調査において設定される統計上の地区で、英語の"Densely Inhabited District"を略して「DID」とも呼ばれています。市区町村の区域内で人口密度が4,000人/ km² 以上の基本単位区(平成2年(1990年)以前は調査区)が互いに隣接して人口が5,000人以上となる地区に設定されます。ただし、空港、港湾、工業地帯、公園など都市的傾向の強い基本単位区は人口密度が低くても人口集中地区に含まれています。都市的地域と農村的地域の区分けや、狭義の都市としての市街地の規模を示す指標として使用されます。 令和2年の国勢調査の結果に基づく人口集中地区は、国土地理院が提供している「地理院地図」、および政府統計の総合窓口が提供している、「地図で見る統計(jSTAT MAP)」を利用して確認可能です。 情報の内容はは同じですので使いやすいお好みの物を利用すると良いと思います。 国土地理院 地理院地図    ・  人口集中地区令和2年 (総務省統計局)    e-Stat 政府統計の総合窓口  ・  地図で見る統計 (jSTAT MAP)    国土地理院 地理院地図  人口集中地区令和2年(総務省統計局) 確認方法 人口集中地区令和2年 (総務省統計局)    国土地理院 地理院地図  人口集中地区令和2年(総務省統計局)のキャプチャ

無人航空機(ドローン)のノータム[NOTAM] の 読み方・見方【教則学習・周辺知識】

ノータムとは ノータム【NOTAM ( Notice to Airmen)】:航空従事者への通知 国が管理する航空当局(日本の場合は国土交通省航空局)が、航空従事者に対して発行する情報で、航空機の運航のために必要な情報を提供しています。 「NOTAM」ノータムは、 NO tice T o A ir M en の略称で、日本語に訳すなら「航空従事者へのお知らせ」という事です。航空情報の一つで、飛行場、航空保安施設、運航に関連する業務方式の変更、軍事演習のような危険の存在などについての情報で、書面による航空情報では時宜を得た提供が不可能な(端的にいえば間に合わない)場合にテレタイプ通信回線(CADIN及びAFTN)により配布されるものです。 ノータム【NOTAM (Notice to Air Mission)】:航空任務への通知 アメリカ連邦航空局(FAA:Federal Aviation Administration)は2021年12月2日から、NOTAM の頭字語を、Notice to Airmen から Notice to Air Mission に変更しました。この変更は名称によるジェンダー中立性を保つとともに、より広範囲な分野を包括する事を見据えてより正確な名称にするためのもので、小型無人航空システム (sUAS) 、無人気球など、他のいくつかの分野も含まれるためです。 女性もたくさん活躍している事や、無人機には人間が乗っていません(当然ですが)ので、旧名称の「Airmen」はないだろうという事です。したがって、航空任務への通知( Notice to Air Mission )という名称は、より実態に即した正確な名称に変更されたという事になります。 無人航空機のフライトプランのノータムへの掲載について詳しい説明を説明しています。 ノータムへの無人航空機のフライトプランの掲載   もよろしければご覧ください。 NOTAM の歴史 NOTAM は、附属書 15:国際民間航空条約(CICA)の航空情報サービスで指定されたガイドラインに基づいて、政府 機関および空港運営者によって作成および送信されます。1947年4 月4日に発効した CICA の批准に伴い一般的に使用されるようになりました。 航空の業界では、より歴史のある船舶のシステムや名称などの慣習が引き継

「無人航空機の飛行の安全に関する教則」(第3版) 令和5年(2023年)4月13日【教則学習】

無人航空機操縦者技能証明の「一等無⼈航空機操縦士」と「二等無⼈航空機操縦士」の学科試験の土台となる教則 無人航空機の飛行の安全に関する教則が令和5年(2023年)4月13日に改訂 され(第3版)が公開されました。 無⼈航空機操縦士の学科試験のベースになる教則ですが、これまで、学科試験の内容は「無人航空機の飛行の安全に関する教則(第2版)」に準拠していましたが、 ※令和6年(2024年)4月14日(日)より、 学科試験の内容は、「無人航空機の飛行の安全に関する教則 (第3版)」に準拠します。 と発表されました。 詳細は「 【重要!!】無人航空機操縦士・学科試験の内容が、変わります 」にアップしました 教則の読み上げ動画を作成しました 詳しくは 無人航空機の飛行の安全に関する教則 第3版 読み上げ動画 試験の予約・実施スケジュールなど詳しくは下記、指定試験機関の日本海事協会サイトで確認してください 【重要!!】「無人航空機の飛行の安全に関する教則」の改訂に伴う無人航空機操縦士試験における学科試験の内容変更についてのお知らせ – 無人航空機操縦士試験案内サイト  令和6年(2024年)4月14日(日)より 以前に受験される方 については引き続き以下でご覧ください。 「無人航空機の飛行の安全に関する教則」 令和4年(2022年)11月2日第2版【教則学習】 令和5年(2023年)4月13日に改訂された(第3版)については以下にリンクします。 無人航空機の飛行の安全に関する教則(第3版) https://www.mlit.go.jp/common/001602108.pdf 第2版からの変更履歴【参照用】 https://www.mlit.go.jp/common/001602110.pdf 無人航空機の飛行の安全に関する教則(第2版)から(第3版)への変更内容 細かな表現の変更とともに、 「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領(カテゴリーⅢ飛行)」及び「安全確保措置検討のための無人航空機の運航リスク評価ガイドライン」(公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構 福島ロボットテストフィールド発行)の発行に伴う カテゴリーⅢ飛行におけるリスク評価に関する記述の見直し が行われました。5章と6章が大きく変更されています。変更箇所は下記の項目です。 (第 5 章

二等無人航空機操縦士 学科試験問題 模擬試験

無人航空機操縦者技能証明 学科試験(二等無人航空機操縦士)の学科試験とサンプル問題 新しいライセンス制度と詳細の発表が航空局よりありました。 無人航空機操縦士 学科試験のサンプル問題は下記PDFです。 操縦ライセンス制度 学科試験(二等)サンプル問題 https://www.mlit.go.jp/common/001493224.pdf <実施方法> 全国の試験会場のコンピュータを活用するCBT  (Computer Based Testing) <形 式> 三肢択一式(一等:70問 二等:50問) <試験時間> 一等:75分 二等:30分 <試験科目> 無人航空機に関する規則、無人航空機のシステム、無人航空機の操縦者及び運航体制、運航上のリスク管理 ※令和6年(2024年)4月14日(日)より、 学科試験の内容は、「無人航空機の飛行の安全に関する教則 (第3版)」に準拠します。 と発表されました。 詳細は「 【重要!!】無人航空機操縦士・学科試験の内容が、変わります 」にアップしました。 無人航空機の飛行の安全に関する教則 新しくできた無人航空機操縦者技能証明の制度で「一等無人航空機操縦士」「二等無人航空機操縦士」の国家試験の学科の教科書の基になるものです。この教則の内容や範囲から試験問題も作られるています。 令和5年(2023年)4月13日に改訂された、 無人航空機の飛行の安全に関する教則(第3版) は以下にリンクします。 https://www.mlit.go.jp/common/001602108.pdf 無⼈航空機操縦士の学科試験のための教則について詳しく解説を、以下でご覧ください。 「無人航空機の飛行の安全に関する教則」(第3版) 令和5年(2023年)4月13日【教則学習】 教則の読み上げ動画を作成しました 詳しくは 無人航空機の飛行の安全に関する教則 第3版 読み上げ動画 二等無人航空機操縦士 学科試験 模擬試験 「二等無人航空機操縦士」のサンプル問題に基づいて模擬テストを作りました。 回答終了後に 「送信」 をクリックして続いて出てくる 「スコアを表示」 をクリックすると採点結果が表示されます。発表によるとCBT式試験というコンピュータを利用した試験になるようですので、似た雰囲気ではないかと思います。メールアドレスの情報は収集しておりませんので気軽

無人航空機の飛行形態「カテゴリーⅢ、Ⅱ、Ⅰ」 と 飛行レベル「レベル1~4」

無人航空機の法改正が続きドローンの規制や、操縦資格など、新しい制度が、作られる過程で、様々な飛行ケースを表す言葉として、「カテゴリーⅢ、Ⅱ、Ⅰ」や「レベル1、2、3、4」といった用語を目にすることが、多くなりました。「ドローンを「レベル4」で初飛行」とニュースで大きく報じられました。このように「レベル4」がなぜ画期的な事なのか、またそもそもこのレベルとは、何を表しているのか、改めて整理してみたいと思います。余談になりますが、法改正のタイミングで、ニュースなどでも、同じタイミングで取り上げられていたこともあり、全く別なのですが、自動車の自動運転に関する自動運転レベル(こちらはレベル0~5で表される)などと、混同してしまいそうです。 無人航空機の飛行レベル は飛行する条件をリスクに合わせてレベル分けしたカテゴリで、レベルが上がるほど、安全性リスクが増すものです。そのため、飛行レベルの高い飛行を行う場合は、より安全性に配慮した飛行が求められることになります。したがって、自律飛行(自動運転)もリスクを伴うものですが、自動車の自動運転ほどの精密な位置制御が必要ないであろうドローンの場合、他のリスク要因(目視外の飛行)と比較してさほど高くならないという事でしょう。したがって、この飛行レベルは自律飛行(自動運転)について語られている物ではく、自律飛行(自動運転)についての要素は入っていません。きわめて極端に言えば、空には道路もなく、歩行者もいない。(落とさなければいいだけ)という事ができると思います。また、有人航空機では、オートパイロットなど自動操縦の技術がすでにあることも、自動運転のリスク認識が、高くない一つの要因かもしれません。 2023年3月24日に日本国内で初めてレベル4飛行が実施されたニュースが流れましたがこれらのニュースの見出しでも「自動ドローン」や「自動飛行」などの見出しがいくつかありました。確かに、あらかじめルートや高度をプログラムして飛行させれば、自動と言えるのでしょうが、レベル4飛行を報じるのにはやや適切でない印象をうけました。手動だろうが自動だろうがレベル4の飛行はあるわけですし、ましてやドローンが状況判断をして自律飛行しているわけでもないですし。問題にすべきポイントがズレて伝わってしまう可能性があると思います。改めて、 無人航空機の飛行レベルは、自動操縦の

一等無人航空機操縦士 学科試験問題 模擬試験

無人航空機操縦者技能証明 学科試験(一等無人航空機操縦士)の学科試験とサンプル問題について 新しいライセンス制度の試験の詳細と学科試験のサンプルが無人航空機操縦士試験の指定試験機関の日本海事協会より発表されています。 無人航空機操縦士(一等)操縦ライセンス制度 学科試験のサンプル問題は下記PDFです。 https://www.mlit.go.jp/koku/content/001520518.pdf <実施方法> 全国の試験会場のコンピュータを活用するCBT  (Computer Based Testing) <形 式> 三肢択一式(一等:70問) <試験時間> 一等:75分 <試験科目> 無人航空機に関する規則、無人航空機のシステム、無人航空機の操縦者及び運航体制、運航上のリスク管理 一等学科試験では、二等学科試験の出題範囲に加えて、一等のみを対象とする項目も出題範囲に含まれます。 ※令和6年(2024年)4月14日(日)より、 学科試験の内容は、「無人航空機の飛行の安全に関する教則 (第3版)」に準拠します。 と発表されました。 詳細は「 【重要!!】無人航空機操縦士・学科試験の内容が、変わります 」にアップしました。

自己紹介

ノーマン飛行研究会
2015年 首相官邸ドローン事件があった年、トイドローンを手にして以来ドローンと関わっています。JUIDAの無人航空機安全運航管理者、操縦技能証明とドローン検定協会の無人航空従事者試験1級 を取得しております。無線関連の第1級陸上特殊無線技士も取得しております。 できるだけ正確に学んだことを綴って行きたいのですが、もし間違いなどありましたらご指摘いただけると嬉しいです。 このサイトはリンクフリーです。報告の必要ありません。リンクして頂けると喜びます。
詳細プロフィールを表示

広 告